ダイエットにストレスは必要ありません

甘い物や脂っこい物、ジャンクフードやファストフード、お酒に合う美味しいおつまみなど魅力的な食べ物は大抵太る原因になります。

少量ならば食べてもいいのですが、ついつい食べ過ぎてしまうのも問題です。

大好物を我慢するというだけでもかなりのストレスになりますし、更に大嫌いな運動をしなければいけないのでストレスばかりがたまります。

こうなってしまうとダイエットは苦痛以外の何者でもなくなってしまいます。

無理をして体重を減らしても安心した途端に、今までの反動でドカ食いしてしまえばリバウンドします。

しかし楽をして成功できるダイエットはありませんので、どこかで節制をしたらひとつだけやっていい事を作るというように、ストレスをためないポイントを作るのもおすすめです。

例えば基礎代謝は1日の中でも活発になる時と、低下する時があります。

活発になる時間に適度な運動を取り入れれば、少しくらい食べてもカロリーを消費できるのでOKとしましょう。

脂肪の吸収も代謝と関係しているので、食事の時間も考えてみましょう。

1日の中で午後2時前後は、脂肪の吸収されにくい時間帯だと言われています。

可能ならお昼ご飯を少し遅めにすれば、大好物を食べられますのでストレスもたまりません。

お昼は控えめにして、3時におやつを食べてもいいと思います。

ただし食べ過ぎないよう、一口サイズのお菓子にするなど工夫は必要です。

できるだけストレスをためない工夫も考えてみましょう。

ダイエットについての関連サイト⇒ダイエット情報マトメ